国家公務員の職種

公務員の中でも総合職もしくは特別職とも呼ばれる国家公務員はいわゆる幹部候補であり、選挙制で選抜される総理大臣を含む国家議員と、総理大臣からの任命で選抜される各署大臣さらに国会議決などにより任命される人事官や副知事など官僚たちの他に、各省庁で働く職員たちで構成されています。

国家公務員は超難関の採用試験に合格してより専門性を深めた人たちでもありますから、それ相応の報酬を受け取っているのは当然ながら社会的責任が重くより完成度の高い人間性やコミュニケーション力および経済観念を要求される、厳しい職業でもあります。法律に詳しくないと業務をこなせませんから通常は法学部または大学院生などから採用される事が多いです。移動が多い事も国家公務員の特徴ですから英語を含む外国語に堪能である事も、しばしば要求されます。

エリート中のエリートでもあり日本の顔となる人たちでもあるのです。国家公務員のもう一つの職種である一般職は、主として事務職となりますが行政・専用行政・税務・教育・医療・研究・公安と、職種は多種多様あります。高卒でも公務員試験の社会講座などで勉強をして試験に合格すれば国家公務員になる事ができますが、出世の速さはさすがに大卒には勝てません。ただし移動は各省庁間を移動するだけです。